ページ

2018年8月13日月曜日

ホーム

日常生活の中で起きがちな、小さな「困った」 から 大きな「困った」 まで、解決のお手伝いをいたします。

得意な作業は大工仕事全般ですが、手先が器用なので色々な形でお手伝いさせていただけると思います。ちょっとした作業でもお受けしますので、お気軽にご相談ください。

京都の便利屋、サービス内容
どのような作業でも可能な限り、全力で対応いたします!

●引っ越し
- 市内の簡易な引越(一人暮らしの方、家具のみの移動など)
- 引越し前後の不用品やゴミの処分、簡易的な清掃

大手の引越業者に断られた作業などもご相談ください

●レイアウト変更(模様替え)
- 事務所等のレイアウト変更
- 部屋の模様替え(大型家具、ベッドなどの移動)

●家具(組み立て、調整など、解体、処分)
- IKEA(イケア)、ニトリ等の家具等の組み立て
- インターネット購入品の設置や組み立て
- 什器の組み立て
- 分解、高さカットなどの調整
- 大型家具などの解体、処分

●大工仕事、リフォーム、メンテナンス
- 屋根(ポリカーボネート、波板など)
- 外塀
- 床
- 手すり
- 借家や空き家の管理メンテナンス

大工仕事、塗装 、設備に詳しい便利屋です!

●清掃、クリーニング
- 賃貸、売却物件の美観向上(見た目を補修)
- 室内(居室、トイレ、キッチン、お風呂など)の清掃
- 屋外(外壁、雨樋、屋根など)の清掃

●庭仕事
- 庭木の剪定、伐採、処分。(隣家に飛び出した植木など)
- 草刈り、草むしり

●不用品の回収
- ベッド(パイプベッドも可)
- タンス、ワードロープ
- ソファ
- デスク
- 洗濯機
- 冷蔵庫
- 植木鉢、プランター等
- エアコン
- 布団
- その他

大型家具に関しては吊り上げ、吊り下げ、切断カットも承ります

●ペットのお世話、野生動物の対策
- ペットの救出(屋根裏・床下・壁のすき間等)
- カラス、ハトなどの野鳥避けの設置

●ペンキ塗り
- 屋内、外壁、屋根、外塀などの塗装

●その他全般
- 買い物代行
- 虫の問題(殺虫剤は撒きません)

▼お断りしている作業もございます
出来る限りお客様の問題解決のためにご尽力させていただきますが、お断りしている作業もございます。
- 人を欺くこと
- 男女のこと
- 人を裁くこと
- 大量の農薬、薬品を使うこと

標準価格
作業員1名当たり1時間 3,000円 + 出張料 2,000円
特殊作業手当 1,000円~
リピートのお客様が多い
クレジットカード決済も可能(決済手数料4% がかかります)

●低価格の秘密
企業努力により広告費を抑えて、低価格の営業で頑張ってます!

インターネット経由でのご依頼が多い (このサイトを見ていただいて)
お得意様が多い
リピートのお客様が多い
口コミでご紹介していただくことが多い
低価格でも作業は精魂込めて行いますのでご安心ください!

●営業エリア
京都市の北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区
山科区、伏見区、西京区については応相談
滋賀県大津市滋賀学区エリア

お気軽にご相談ください!

スケジュール調整をさせて頂きますので事前にお電話にてお問い合わせください。 

2017年8月26日土曜日

事業を行うということ


こんにちは。

夏も後半を過ぎてそろそろ秋の虫がなくなんともノスタルジックな季節がやって来ようとしてますね。

今年で5年目を無事に迎えることができ、ここまで破綻せずによくやってこれたなぁ、と感慨深いがあります。個人事業主として便利屋サービスをはじめてから生活が大きくかわったと思います。複数人の協力者の支えがあってなんとか成り立っている零細企業です。しかし、とても大切な仲間だと思っています。

仲間に恵まれ、細々とながら黒字で走ってこれました。ボランティア集団ではないので、必ず黒字にしなければ倒産してしまいます。協力してくれるパートナーや自分自身の生活がかかっています。お客様に届けたサービスがお金として帰ってきて、そのお金を役割に見合った分の報酬としてお支払する、こんな単純な構造ですが、とても大切なことだと実感しています。

僕達が事業を行っているのは利益を追求するためなんですね。お客様から法外な料金をとってしまっては、気持ちもよくないですし、悪い噂も立つでしょうから、会社としては懸命なやり方ではないと考えています。僕達の事業にあっているのは、適正な価格で、最善のサービスを提供することではないかと考えています。WIN-WINの関係でありたいと思っています。

あくまで事業でやっていますので、友達には優遇して料金とか、感情的で無計画な割引はできるだけしないようにしています。割引をすれば、お客様には喜ばれますが、僕達の事業が傾いてしまう可能性もありますし、割引をしないでサービスを提供したお客様が不公平になってしまうので注意しています。もちろん、理由があれば割引はしていいと思っています。たとえば、近所で2件つづけて草刈りを行ったとして、この地域に出張で移動したのは1回で、作業は2箇所。僕達の移動時間が少なくてすんでいる分、お客様に割引として還元することは適正だと考えます。ある種のWIN-WINの関係といえるのではないでしょうか。

4年事業をやって、過去の問い合わせの記録を全て残しています。何月何日に何件のといあわせがあり、何件受注したのかという記録があります。この記録をもとに将来の受注見込みや、どのようなサービスがお客様に喜ばれるか、季節によってどのようなニーズがあるのかがある程度みてとれます。この記録を見直して感じるのは、やはり正直に商売をやることが一番の成功方法なのだろうな、ということです。すごく高い利益を出してきているわけではありまsんが、シンプルながら、人並みの生活が営めているのは過去4年、お客様のニーズに自分たちなりに正直に向き合ってきたからだと思っています。

つらつらと乱文失礼しました







2017年7月25日火曜日

不用品回収もやってます。

みなんさん、こんにちは。

ここところずっと熱くて夏も本番なんでしょうか。
熱中症などに気をつけたいですね。



便利屋の仕事はおかげさまで5年目を迎えました。ほんの少しではありますが毎期なんとか黒字で運営できてます。皆様のおかげです。ありがとうございます。

5年も便利屋をやっていると、時期(季節)によってご家庭で困る出来事が違うのがわかってきました。

年間通じて多いのがちょっとした大工仕事です。家具のカットや、組み立て、棚をつけたり、手すりを設置したり、こわれた什器のメンテナンスなど、これ系はだいたい年間を通じてお問い合わせを頂きます。

年末とお盆の期間はお問い合わせの数が少なくなる傾向にあります。大型休み中は皆さんもお出かけされたり、家族の行事等があるので業者を呼ぶタイミングではないのでしょうかね。

春は引越し関連のお問い合わせが多いです。大手の引越し業者さんでや希望の日程がとれなかったり、見積り価格が高いので弊社にご連絡をくれる方が多い印象です。あと、手軽な引っ越しなので、便利屋のほうが身軽に動いてくれそうだから、という声も多数いただきます。

春と秋以降は不用品回収などの引き合いが多いです。春は引っ越しで出るゴミを回収する系のお問い合わせが多いですし、秋以降には断捨離や大掃除の際にでるゴミの回収のご連絡が多い印象ですね。

どのご家庭でも同じ印象なのですが、意外と不要なものを家のあちこちに溜め込んでいるもんなんですね。引っ越しする際に荷物を整理してると出てくる懐かしいものや恥ずかしいもんって多いみたいです。お金を払って買ったものって中々捨てられないから、使わないものでもそのまま家に何処かに置きっぱなしってこと、多いみたいです。

断捨離のお手伝いで呼ばれることもありますが、自分ですてるより、(感情的にドライな)他人の方がどんどんモノを捨てられるみたいです。少なくとも今まで接してきたお客様にはそう言われてきました。僕も自分の家を整理するとなると感情が優位にたって中々うまく整理できないかもですから。




夏に多いのは庭のメンテナンス系です。雑草が伸びるし、台風などで屋根が気になる季節なんでしょうか。


みなさまの日々の困ったの解決のお手伝いをいたします。お気軽にご連絡ください。



2015年1月1日木曜日

会社経営とは3つ玉のジャグリングのようなもの。便利屋だって大変なんです!

京都市で便利屋を細々と営んでいます。今年で6周年目に突入しました。様々なピンチを乗り越えてきたこの道程について、少し振り返ってみたいと思います。定期的に過去を振り返ることで、失敗から学ぶことも多でしょうから。。。


 


便利屋なんて誰でもできる?

「便利屋をやってる」と言うと、簡単そうな仕事ですね、、、と思われてるんだろうなぁということが伝わってくる反応をする方に少なからず出会います(勝手な被害妄想かもしれませんが笑)。


自分も実際に便利屋を経営してなかったとしたら同じように感じていたかもしれません。誰にでもできる仕事だろうなぁ、、と。特にDIYの豊富な経験がある方にとっては、確かにそれほど難しい仕事ではないかもしれません。


しかし、実際に便利屋を経営していて感じるのは、とても難しい、、、ということです。自分で自分を褒めるためにこんな事言ってるのではありませんよ(笑)。


便利屋とはいえ、小さな会社にはかわりありません。起業の経験や、新規事業の立ち上げに関わられたことのある社会人の方なら想像できるかもしれませんが、最初に会社を始めた時、何もないんです。ノウハウや、お得意様や、仕事仲間も、なにもないゼロからスタートしなければなりません。


 


会社経営とは3つ玉のジャグリングのようなもの

会社経営には大きくわけて3つの異質の要素が必要です。


かっこつけて言えば、


ファイナンス

マーケティング

オペレーション

なんだかMBAとかで学びそうな専門用語ですよね。


まぁ、簡単に言うと


「お金を用意して」

「お客さんを捕まえて」

「現場をこなす」

ってことです。


小さな会社とはいえ、これら全てが揃わないと会社って回らないんですよね。常この3つのボールをジャグリングしているような感覚、それが会社を回すってことだと感じます。


現場が忙しすぎて新規の顧客開拓を怠ってると、仕事がなくなり急に暇になって、手元の現金がスッカラカンになってしまう、、、そんな経験をされてきた新前の経営者さんはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


特に、といったら自嘲気味かもしれませんが、便利屋を始めよう、という人たちの中に経営学を学び、事前準備をバッチリして起業される方は少ないように思えます。ですから、こういう当たり前のところで躓いてしまう方が多いのかもしれません。


運良く本日まで生き延びることができていますが、2度ほどキャッシュフローが大きく悪化した時があり、倒産とまではいいませんが、つらい思いを経験してきました。その原因はこの3つのバランスを崩してしまったからです。


 


紙の上に何を描くか

会社経営がサバイバルゲームだとしたら、その勝敗は紙の上(事前の計画)でついてしまっているのかもしれません。


どのようなゲームでも想定を超えるような戦い方はできないと思います。精神力でなんとか乗り切るとか、出たとこ勝負とか、そいうい戦い方で勝ち残れるほど甘い世界ではないように感じます。


もちろん「運」は大きな要素に思えます。「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。


■人事を尽くして天命を待つ


自分の全力をかけて努力をしたら、その後は静かに天命に任せるということで、事の成否は人知を越えたところにあるのだから、そんな結果になろうとも悔いはないという心境のたとえ。


引用元: http://kotowaza-allguide.com/si/jinjitsukushitetenmei.html 


できることについては全力を尽くして、自分の力の及ばないことはどのような結果であれ潔く受け入れる。そのよな気持ちで経営するべきなのだと感じます。


とても苦手なことではありますが、計画をねることはとても大切なのです。すこし前にドラマ化された漫画ですが、「ドラゴン桜」という作品があります。



kc.kodansha.co.jp

 

落ちこぼれの高校生たちが、戦略的な教師の元で短期間で東京大学合格を目指す、という学園物語です。何をどのように、勉強するか。決められた期日までに、どのような状態になりたかを思い描き、そこから逆算して行動計画を建てて、その計画にしたがって着実に勉強を進める、というものです。これは漫画の世界ですが、戦略ありきの戦い方なのです。


1年後、3年後、10年後。どのようなっているかは、おそらく今どのように計画し、行動するかに大きく左右されるのだと考えます。弊社も小規模なリフォームは良く行うのですが、仕上がりや、工数は、事前にどれだけうまく「段取れたか(計画できたか)」に左右されますが、それと同様なのでしょう。


 


 


 今日も思ったことをだらだらと述べてしまいました。京都市近辺にご在住で、日常生活の困ったがある時には是非お声掛けください。